2016年03月23日

私たちに出来る事

神奈川県の中学生が、両親から虐待を受け
「家に帰りたくない」「児童養護施設で暮らしたい」
と児童相談所に何度も訴えたにもかかわらず、
保護が認められなかったため、
その男子生徒が昨年11月に自殺を図り、
意識不明のまま先月亡くなった――
というニュースに、胸が塞がるような
何とも言えない重苦しい気持ちになりました。

児童相談所の所長は「対応は適切だった」と述べ、
両親は「厳しく躾をしたつもりだった」と語っていましたが、
それぞれの言葉がただ空しく響いてくるばかりです…。

男子中学生の訴えに耳を傾け、心から寄り添い、
家庭内の辛さを真に受け止めてくれる人が、
一人でも彼のそばにいたとしたら、
もしかしたら最悪の事態を
免れる事が出来たかもしれません。
虐待防止について、私たちに出来る事は何か、
真剣に考えさせられたこの度の事件でした。(R)
posted by wahahanokai at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2016年03月01日

笑う門には福きたる

4月23日土曜日、笑って元気になれますよう。チャリティーの落語会のご案内です。その前に4月3日の池上本門寺の桜広場でもオレンジリボンキャンペーンを行います。児童虐待防止に社会全体で取り組みましょう!
1454199073050.jpg1454199080272.jpg
posted by wahahanokai at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2016年02月20日

一年後の豆まき

昨年、節分の豆まきデビューを果たした孫が、
2歳になった今年は、豆まきの豆を渡しても
「豆まき、やらないの!」
と手を引っ込めてしまいました。

ところが、昨日は私の家に来るなり、
「豆まき、やらないの?」
ですって。
皆で大笑いしてしまいました。(R)
posted by wahahanokai at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2016年02月01日

児童虐待の無い世の中に

年明け早々に、3歳の女児と男児2人の、
痛ましい虐待死のニュースが相次ぎました。
3歳と言えば可愛い盛り、
私にも丁度同い年の孫娘がおりますので、
決して他人事とは思えない事件でした。

怒りに任せ、感情の暴走するままに、
無抵抗の幼児に凄まじい暴行を与え続けて
死に至らしめた、
母親や内縁の夫、
或いは母親の交際相手の残虐な仕打ちに、
背筋の寒くなるおぞましい思いになりました。

幸せ薄く生まれついた羽月ちゃん、礼人ちゃん、
この2人のおさなごが、
せめてあの世で幸せに
、と願わずにはいられませんでした。(R)
posted by wahahanokai at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2016年01月21日

大寒

今年の年末年始はいつになく、
暖かい穏やかな上天気が続きましたが、
さすがに寒に入ってからは、
関東地方にも雪が降り積もり、
久しぶりに雪かきで汗をかきました。

今日は大寒。
いよいよ本格的な冬将軍の到来となりそうですね。
インフルエンザも流行し始めているようです。

皆様にとって、
お健やかでお幸せなこの1年でありますように。(R)
posted by wahahanokai at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年12月16日

「今年の漢字」

日本漢字能力検定協会が公募した
2015年の「今年の漢字」は、
「安」が選ばれました。
相次ぐテロや自然災害で
世界の安全が脅かされたこの一年でした。

輪母の会においては、
児童虐待防止・オレンジリボン運動支援団体として協賛し、
子どもたちの安全と幸せを願って、
様々なイベントや講演会などを続けてきました。

来年も子育て支援を含めて、
「安」らかな笑顔いっぱいの親子が、
少しでも増えてほしいと願いながら
活動に取り組んでいきたいと思っております。(R)
posted by wahahanokai at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2015年11月26日

オレンジリボンの輪

昨日、横浜でタクシーに乗りました。
運転手さんの左袖に大きな
オレンジリボンが!

思わず「そのオレンジ色のリボンは
何なんですか」と尋ねました。

運転手さん「これは児童虐待防止運動の
リボンで、わが社も支援することに
なったんです」

このように認知度があがり、
児童虐待防止にむけて
社会全体で見張れるように
なればいいですね。

輪母の会も支援します。



posted by wahahanokai at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2015年11月22日

渡辺久子先生の講演を聞いて

渡辺久子先生の医師としての情熱が
ひしひしと伝わってくる講演、
また先生のお話を聞きたいという声が
上がっています。

いかに家庭での愛情が必要か、
知らず知らずの間に
子どもたちが傷ついていることも。

親であることの責任と自覚を
持たせる啓蒙活動が必要ですね。
posted by wahahanokai at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2015年11月09日

童心「怪獣の卵」

保育士さんが、赤いボールを
砂場に埋めました。

保育士「昨日の夜、怪獣が来て
お砂場に赤い卵を生んだそうよ。
どうしようか?」
園児達「かいじゅうになったらたいへんだよ。
早くたまごをほり出さなくちゃ!」

みんな手に手にシャベルを持って、
怪獣の卵の捜索を開始。
でもどうしても赤い卵が見つかりません。
その内時間になったので、
残念ながら、捜索終了。

お帰りの時間に、
保育士さんがふと砂場を見ると
A子ちゃんが、たったひとりで、
「かいじゅうが生まれちゃったら、
どうしよう。どうしょう」
と半べソをかきながら、
必死に砂を掘り起こしていました。(R)
posted by wahahanokai at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2015年09月27日

十五夜

今夜は中秋の名月。
部屋の中の照明を消して、
夜空を仰ぐと、
雲間に煌々と月が輝いていました。

十五夜のお月見では、
秋の七草のススキなどをかざり、
お団子や里芋や柿などを
お供えするお宅も多い事でしょう。

私も小さな手をべとべとにしながら、
母と一緒にお月見団子を丸めていた
幼い日の事が、
しみじみと懐かしく思い出されました。(R)
posted by wahahanokai at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他