2011年08月04日

蝉の声






東日本大震災の後、夏の象徴のような蝉の声が、全く聞こ
えず、いつもの年なら、暑いのを更に増長させ、うるさい
存在だった、蝉の事を気にかけていたところ、8月になった
途端、まるで、カレンダーを知っていたかのように、急に鳴き
出した。

 何かとても懐かしい人に出会ったような不思議な気持ち。


今年は、節電の夏、そのお蔭(?)で、簾、風鈴、お扇子、
蚊取り線香、扇風機などなど、日本は、便利になった分、
すっかり忘れかけていた物を,思い出させてくれる夏と
なった。M
 

posted by wahahanokai at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年07月19日

なでしこJAPAN

快挙でしたね。最後まで諦めずに戦った姿に、どれほど多くの人が感銘を受けたことでしょう。M.I.
posted by wahahanokai at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年07月16日

お盆に思う

今日はお盆の送り火である。帰ってほしくない御霊が今年はあるなあ。あの子の近くにいてあげてと願う…先週の土曜日早朝自園の年長女児母親が37才の若さでこの世を旅立った。進行性の癌であった。1年2ヶ月の闘病中に苦しい辛いと弱音を吐くことは一度もなかったそうである。そればかりか娘の幼稚園の行事はもちろん予防接種を心配し、いつも家族の食事などを気にしながら最後まで母親として妻として家族に最大限の愛を注ぎながら逝ってしまった。無情である。本当に無情である。棺の中の母親に必死に父親にしがみつきながら花を飾る幼子の涙がいつかいつか慈悲に救われ蓮の花を咲かせることをただひたすら祈った。JUNKO-
posted by wahahanokai at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年07月04日

情報提供お願い








ご存知の方情報をいただければ幸いです。

 

輪母の会では虐待を受ける子どもが増えている中、

なんとか風通しの良い家庭を作っていくにはどうしたらよいのだろうと

お母さん達が輪になっていろいろな活動をしています。

 

そこで気になるのが、この度の震災で虐待を受けた子ども達を保護している

施設、児童相談所や児童養護施設の情報を知りたいのです。

そして微力ながら私達にできることがあれば是非お手伝いしたいと思って

います。

よろしくお願いいたします。

FA

 

 
posted by wahahanokai at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年06月21日

清川先生の講演を聞いて








先日清川輝基先生のご講演を聞く機会に恵まれました。

震災で避難した方々が、電気や水、食料の無い当初のさまざまな困難の中、

家族というものを改めて感じる機会があったこと、今までの通常の生活の中で

欠落していた何かがそこにあったことを報告されていたことを知りました。

皮肉なものです。あんな大災害にあわなければ思っても見なかった家族との

絆が再確認されたなんて。 これからは“豊かになる”ことへの注意事項をより一層

チェックしていかなくてはなりませんね。

 

それからもう1つ、日本の子どもは世界一電子、映像メディアに接している時間が早く

長いそうです。そのため子どもの平均視力は1960年代には1.0以内が2割だったのが

今は8割の子どもが1.0より下になっているそうです。子どもが接触する電子、映像メディア

が安全だと立証した国はどこにもありません。WHOは携帯に関する警告を出しています。

それでも授乳中にTVを見たり、メールや携帯を使うお母さんは8割がたいるそうです。

基本的な信頼感を生まれた一番初めに育む授乳は本当に心を込めて向き合ってほしいと

思います。人の気持ちがわかる子になるための第一歩なんです。

 

自分でoffできる力を育てましょう。

FA
posted by wahahanokai at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年06月11日

no-title








震災から3ヶ月たちました。

「あっという間」の3ヶ月であり、また「やっと」3ヶ月。

時間は同じ刻み方をいないものとつくづく感じます。

 

もうひと月前の事ですが・・・

「吉里吉里元気プロジェクト【合同葬儀に花を!】募金

4月29日に4545本の花、たくさんのお線香と果物を届けました。

ご協力、本当にありがとうございました。」

 

こんな見出しの報告書と写真をいただきました。

大森駅近くにある、小さなお店を経営する女性が、お店での募金

そしてその女性が懇意にされている大田市場の方を始め、さまざまな団体、店舗、寺院が協力し

岩手県大槌町吉里吉里のお寺で行われた160名の犠牲者を弔う合同葬儀に花を届けたというものでした。

当日、お墓にお供えするお花300束、自宅用に100束、残りで祭壇や境内を飾ったと、写真を添えて

届けてくださいました。

あの震災以来、当然の如く募金、寄付など協力して参りましたが、

お店を経営しながら、集めた募金をこのような形で届け、更に報告までしてくれるその女性の行動に

ホッと心が温まる思いが致しました。

 

まだ何も片付いていないところがほとんどだそうです。

必要なものも時間と共に変わっています。

私ども輪母の会でも、微力ですが、長くお手伝いが出来るよう話し合っております。

 

出来る時に出来る事を。

人の温かさにも触れる事ができた3ヶ月でした。

 

 

 

 
posted by wahahanokai at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年04月18日

輪母の会でできること

大震災に対し、輪母の会としてできるいい支援策がないか、皆様のお知恵を出しあってください。(^^ゞ実行に向けて発進できることを願っています。M.I.
posted by wahahanokai at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年02月22日

ミラクルリーフ

昨年末に、知人から、外出先で、長さが12センチ位の葉っぱを一枚頂きました。
これミラクルリーフと言って、苺のケースのような器に入れ、お水を葉っぱが、浸る位に入れて、窓越しに陽が、あたる場所に置いておくと、葉っぱのギザギザの所から、かわいい葉っぱが、出て来るからと言われ、ハンドバックに入れて持ち帰りました。
家で、ガラスのケースに入れ、本当かしら?と思っていると、しばらくすると、葉っぱのギザギザの所から、小さな2、3ミリの芽(葉っぱ)がでてきました。
とても可愛く、うれしかったです。
そして、だんだん葉っぱの形になり、どんどん大きくなってきました。
娘や孫達も、少しずつ大きく、増えていく、葉っぱを可愛がって、遊びに来るたびに、皆で眺めて、大きくなったと喜んでいます。葉っぱ一枚で、とても、皆の気持ちが和みます。
この葉っぱは、別名マザーリーフとも言われ、インターネットの説明によると、一年半から二年位たつと、最初に頂いた時位の大きさの葉っぱになるそうです。花も咲くそうですが、大変珍しく、幻の花と言われているようです。
そこまでは、無理だと思いますが、しばらくの間は、皆で、楽しめそうです。M
Image057.jpg
posted by wahahanokai at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年02月07日

児童養護施設の現状

伊達直人現象がメディアに取り上げられ、ようやく政治家が超党派で動き始めました。現在6人の児童に1人の保母さんが義務づけられているのですが、保母さんは1日8時間週40時間までの労働と決められいるため、結局は1日三交替制。要するに1人で18人を見なければならないことになります。園長さんの悩みはなかなか解消できないようです。(M.I)
posted by wahahanokai at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年02月04日

子どもへのまなざし

ブログでSさんも紹介して下さいました「子どもへのまなざし」は福音館から出版されています。まなざしという言葉が優しくていいですよね〜。幼稚園の行事に恐々とビデオやカメラを構えるママたちに母のまなざしで肉眼で子どもたちを見てみると子どもたちも安心するばかりか、同じ空気を共有しながらたくさんの発見と感動をより味わえると伝えています。
110128_163938.jpg
posted by wahahanokai at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年02月03日

no-title

本門寺の節分会に行って参りました。ここ数日寒い日が続いておりましたが、久しぶりに暖かな日差しに、嬉しくなりました。
 
「年の数だけ豆を食べる」」子どもの頃は「たった」でしたのに、いつの間にか「こんなに」と…。
歳時記を通して遊び心を忘れず、次の世代に伝えていきたいですね。
 
ふくはーうち
posted by wahahanokai at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年01月18日

新年会

先週、主人の兄弟の新年会が、久しぶりにありました。
当日は、上は、73歳の姉から、下は0歳の私共の孫まで、総勢23人が集まりましたが、これが全員ではなく、後、15人います。
ですから、集合写真一枚撮るのも大騒ぎでした。
7、8年前までは、主人の兄の所に、年一回位集まっていましたが、二世帯住宅に改築してからは、大きな日本間がなくなってしまい、子供達も大きくなり、それぞれに家庭をもち、ハトコも増えたので、今回の外での、集まりとなりました。
最近は、子供の数も少なく、兄弟喧嘩もしないで、育つ家庭が増えています。
昔は、家庭内で、自然に学べた事を、知らないで、過保護に育てられ、物が豊かになり、食べ物の取り合などした事ない子が、沢山います。
でも、兄弟が沢山いると、小さい頃は、色々と大変だったと思いますが、大きくなってから、久しぶりに会って、思い出話や経験談を聞くのも、いいものだなと、思いました。
そして、従兄弟(従姉妹)同士は、小さい頃から、仲がよかったのですが、更にその下のハトコの代まで、仲がよいのが、続いていってくれたら、いいなと思っています。M
posted by wahahanokai at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年01月17日

今日は輪母の会会議

今日は輪母の会の会議です。みんなで今年は勉強します
posted by wahahanokai at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年01月16日

テレビの力

児童養護施設の子供達にランドセルの贈り物、200件、300件と増えています。この社会現象が継続していくことを願っています。
15年前、ある施設の園長さんが嘆いていました。県から贈られるランドセルは、予算上三千円ビニール製のペラペラのもの。ただでさえ施設の子供として肩身の狭い思いをするのに、せめて六年間使うランドセル、なんとかしてもらえないか。県会議員は、老人は票になるけれど子供は票にならない、と言って、動いてくれない。その声は、園長や私が高校までお世話になった学校の父母会に届きました。それ以来、母校の父母会がそこの園の新入生にランドセルを贈ってくださっています。
筑波大学の学生達が、夕食後、勉強をみてくれています。高校卒業後独立しなければならない子供達をいい環境で育てたいと願っている園にとって、社会の温かい支援が必要なのです。時にはタグの付いた新品の洋服を貰って喜ぶ子供達の顔をみるのもいいものです。話題の子供手当ては、施設の子供達のところには届いていないのが現状です。
(M.I)
posted by wahahanokai at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年01月09日

新年の挨拶

23年をむかえました。
池上本門寺は3が日からずーと参拝者が切れません。
何が魅力なのでしょう。

小さな子供さんをお持ちのお母さん お参りにきてみてください。お堂前の総合案内所にお立ち寄りください。なんでもお尋ねください。

そこにいますのが私です。
どれだけ答えられるでしょうか。わかりませんが。
古賀記
posted by wahahanokai at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年01月02日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年こそ一つでも辛い、悲しい子どもとお父さん、お母さん達の状況が減りますように。去年の暮に区の虐待に関するシンポジウムに出た時に思ったこと。子育て中のお母さんが一番うれしかったことの一つに、可愛いわね!いい子だね!と知らない人から声をかけられた時というのを聞いて、これならできる!と思いました。何にも出来ないで気持ちばかり滅入っていることはありませんね。気持ちの良い言葉はいつでも私たちを勇気づけてくれます。私たちも元気をもらえて、お母さん達にも少しのホッとした気持ちをあげられたらうれしいですね。子育ての底上げにまず一声はじめましょう。Fuー
posted by wahahanokai at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年12月31日

大晦日に思う

今日は大晦日。
今年一年、痛ましい児童虐待事件が相次ぎました。育児に疲れ果て、一歩間違えれば新聞紙上を賑わしかねない危うさを秘めた、子育て中の若いママ達も多いはずです。
もちろん保育所の充実、家庭保育室・保育ママ制度への公的な支援も今後拡充されなければなりませんが、mameko様のご発言のように、子育て奮闘中のママ達にパパ達の協力があれば、どれだけ力強いかわかりませんね。そこにじいじ、ばあばを始め縁ある周りの人達の協力や応援があるならば、児童虐待死という悲惨な事件が少しでも回避出来るのではないでしょうか。
来年こそ全ての子ども達にとって、幸せな一年でありますように。 R.
posted by wahahanokai at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年12月25日

育児パパ

二三日前私の姪の娘が二人目の出産をしました。当然上の子供(二歳)を誰が面倒をみるか? お婆ちゃんに預けると言うのが普通…!そのお婆ちゃんが姪なのですが預かってないと言うのです。 パパがみているとの事…。彼はサラリーマンですが出勤前に保育園に連れて行き、帰りに連れて帰宅、朝から晩まで育児に専念しているとの事、最も姪はキャリヤウーマンで日常生活でも夫の協力無しでは成り立たないのですが…!? 父方にも母方にも孫を預かる事が可能なのですが、当てにしない姿勢が立派だと感心しました。 男性の育児休暇の話も最近は良く耳にしますが、まだまだ確率的には少ないのでは? 男性の育児参加がもっともっと増える事を願ってやみません。 輪母の会会員 mameko
posted by wahahanokai at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年12月19日

東京スカイツリー

幼稚園行事仮装行列でのワンショット。「地デジ化はお済みですか?」下町では大人も子どもも東京スカイツリーの話題で持ちきり。ただいま514メートル!来年のクリスマスはどんなイルミネーションなのでしょう。楽しみです。
201012181252000.jpg
posted by wahahanokai at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

誕生日

今日は父親91歳の誕生日パーティーです。お山の貫首様と同じく、元気にしております。先日も結婚式のご招待で、一人でインドネシアに行ってました。父親から元気をもらってます。 (M.I)
posted by wahahanokai at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他