2012年12月14日

子守唄に思う

去る10月29日(月)池上本門寺長栄の間で、第5回輪母の会総会が開催されましたが、その後の記念講演に於いて、NPO法人日本子守唄協会理事長の西舘好子さんが、とても素敵なお話しをして下さいました。

母の子守唄を聞いて育った幼な子は、やがて母になり、その子守唄を歌って我が子をあやし寝かしつけてゆく。母から子へ、子から孫へと、幾世代にも渡って歌い継がれてきた子守唄…。

西舘好子さんのお話しは、子守唄のように聞きやすく、ジンと心にしみとおってきて、遠い日の懐かしい亡き母との思い出、必死に子育てをしていた頃の言い知れぬ切なさの思いと重なり、我知らず涙が頬を伝いました。

確かに子守唄は人の心を優しくします。子守唄は母子関係の原体験として、魂の深いところで母子の心をつないでいるのです。
子育て奮闘中の若いお母さん達や周りの人達みんなが、子守唄を歌う心になって子どもに接すれば、子どもの虐待は随分防げるのではないでしょうか。
(R)
posted by wahahanokai at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年11月26日

11月の活動報告と今後の予定

11月の活動報告

定例会議

11月26日(月)14:00〜15:30

於:朗子会館

 

議題 今後の活動計画について

@来年2月18日(月)13:00〜14:30(第1回勉強会)

会員の皆さまに声をかけて勉強会開催予定。

先月の講演者西舘好子氏が理事長の

日本子守唄協会が作成したDVDを観た後、

「子供虐待」「虐待になる前に」という内容に沿って

私たちに何ができるかを協議する。

A来年4月7日池上本門寺の花まつりにおける

「いのちをありがとうキャンペーン」に参加

B6月に第2回勉強会

C9月にイベント開催

 

お知らせ

12月9日 東京都港区の港保健所にて

13:30から16:00まで

「子供の人権を地域で育てる

虐待のない世界を目指す」という講演があります。

 

今後の活動予定は

上記のとおりです。

 

また、1月21日22日

被災地女川町での牡蠣パーティ

三回忌慰霊法要に

数名出席予定。

 

(M.I記)
posted by wahahanokai at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年10月30日

10月の活動報告と今後の予定

10月の活動報告

 10月1日 総会に向けた打ち合わせ

 10月29日 総会と記念講演 

  池上本門寺 長栄の間 13:00〜14:30

 

  今年度の活動報告

  記念講演 西舘好子氏「子守唄の謎」

  

  感想: 子守唄には母親の気持ちが込められている、

    その気持ちを感じ取り、

    子守唄が伝承されることで、親子の原点を見つめ

    なおす良い機会が生まれるのではないか。

 

今後の活動予定

 11月26日 14:00

  定例会議 今後、輪母の会員全員の方に

    呼びかけて、

    参加できる勉強会を設けることを検討。

    

 
posted by wahahanokai at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年10月23日

西舘好子氏による講演のお知らせ「子守唄の謎」

再度お知らせいたします。

 

10月29日、池上本門寺にて、西舘好子氏による

講演が行われます。

 

演題は「子守唄の謎」

日本で最も文学的なこの歌の成立と

子守唄が認知症や虐待防止になることまでの

お話しをしてくださいます。

 

参加費無料です。

皆様、どうぞ気軽にお越し下さい。

 

  
posted by wahahanokai at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年10月08日

西舘好子氏の講演のお知らせ

 10月29日 輪母の会の総会にて記念講演、

 どなたでもお聞きになれます。参加費無料です。

 

 西舘好子氏(子守唄協会)「子守唄から伝えたいこと」

 場所 東京都大田区池上1−1−1

     池上本門寺内 長栄の間

 時間 13:00〜14:30

 

皆様、どうぞ奮ってご参加ください。
posted by wahahanokai at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年08月14日

「養護施設の現状と今後の支援方法を考える」勉強会のお知らせ(参加費無料)

「養護施設の現状と今後の支援方法を考える」

 

日時 平成24年8月28日(火曜日)14:30〜15:30

場所 東京都大田区池上1−32−12 朗子会館3階

講師 熊澤 達也氏 さいたま市児童養護施設カルテット職員

 

座談会形式で勉強会を開催いたします。

自由参加、参加費無料です。

 

多くの皆様の参加をお待ちいたしております。

 

(M記)
posted by wahahanokai at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年04月30日

4月の活動報告と今後の予定

今月の活動報告
4月8日(日)
池上本門寺にて、「大切な人にお花を」プロジェクト参加。
ピンクのチューリップ販売。
子供が大好きな絵本作家西巻茅子先生のサイン会と絵本販売。 若いお母さんたちにも好評でした。
4月26,27日
復興支援プロジェクトに参加2名
宮城県七里ガ浜中央公民館にて、「男の料理教室」のお手伝い。車にとまってボランティアをしている方も来てくださって盛りあがりました。
女川町の仮設住宅2ヵ所で法話とお汁粉のサービスのお手伝い。

今後の活動予定
5月の定例会議
会の趣旨にそって話して下さるゲストスピーカー を検討中。
posted by wahahanokai at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年03月31日

3月の活動報告と今後の予定

今月の活動報告
3月11日(日)
*東日本大震災追悼法要に輪母の会として会員6人参列。於池上本門寺。
3月26日(月)
定例会議
*来月8日花まつり(於池上本門寺)参加に向けて打ち合わせ。「大切な人に4月8日にお花を」のコンセプトの下、ピンクのチューリップを絵本作家西巻茅子氏のメッセージカードを付けて販売。西巻氏がお見えになることから、西巻氏の絵本も販売することに。
*児童虐待にどうやって対処するかという設立理念を、いかにして行動に反映させるか、今後の検討課題となる。

今後の活動予定
4月8日(日)
池上本門寺にて、いのちをありがとう推進委員会主催、「大切な人にお花を」のプロジェクトに参加。
ピンクのチューリップ販売。伝承遊び実施。
4月26日(木)、27日(金)
支援活動プロジェクトに参加。男の料理教室実施のお手伝い、及び、傾聴ボランティア。於七ヶ浜、女川。

お知らせ
4月7日(土)午前9時30分より 於柴又帝釈天、いのりんぴっく開催
@塗り絵絵本(塗り絵・写経付き)
Aピンクのチューリップ販売(西巻先生のミニ絵本付き)
posted by wahahanokai at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年02月29日

2月の活動報告と今後の予定






2月8日(水)石巻ボランティア現地打合わせ会に早崎が出席。

今後の支援活動に向けて、傾聴ボランティアに参加させていただくことを検討。



2月20日(月)朗子会館にて、3月4月の活動計画の会議。

@「心のケア」の一環として震災被災地女川・七里ヶ浜での傾聴の実施。

A輪母の会の「子育て中の母親の母性愛をはぐくみ、悲惨な子供虐待を軽減する」という趣旨のもと、被災地での傾聴ボランティアや、法話を聞きにいらした人生経験豊かな方々に、子育て中の母親への「声かけ運動」をお願いする。

B上記地域の方々に元気になっていただくために、支援というよりは反対に地元のお料理を教えていただく。

以上のような震災被災地への活動案が提示される。



2月28日(火)池上本門寺にて、大震災の犠牲者一周忌追善法要後、被災地支援活動連絡会に参加。活動案を発表。



今後の予定

3月11日池上本門寺主催の東日本大震災追悼法要に参加される方は、総合受付(本堂前)に13時に集合して、一緒に参加いたしましょう。



4月8日池上本門寺「花まつり」参加

「大切な人に4月8日に花を」プロジェクトに参加。伝承遊びなどの提供。

絵本作家の西巻茅子氏が参加されるかもしれません。



重要なお知らせ

「心の相談室」宮城県宗教法人連絡協議会 0120−828−645

僧侶、神父、牧師、神主による電話相談。(水、日の午後3時〜10時)



以上。
posted by wahahanokai at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年02月14日

輪母の会設立時の基調講演を思い出して

母親、女性の力を結集し、子育て中の母親の母性愛を育み、児童虐待をなくしたいということから設立された輪母の会。
顧問の小野清子先生は、エレベーターの中で、小さな子を抱えた母親がいると、「いくつ?大変だけど可愛い時よ」とお声をかけるようにしているとのこと。
そうすると疲れたお母さんの顔が明るくなるそうです。
私も、小野先生のお話を聴いて以来、電車で隣り合わせた子連れママに、度々声をかけるようにしています。
知らないオバサンからでも、「可愛いですね。いくつ?」と訊かれて、喜ばない親は、いないようです。
皆様も、小野先生の実践を参考に、若いママが明るい表情になれる
「声かけ」を実践してはいかがでしょう。
posted by wahahanokai at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年02月09日

石巻にて

輪母の会では石巻の被災地で何ができるのかを今年も考え実動していきたいと思います。視察と慰霊をさせていただいてボランティアセンターの方たちと話し合いをしてきました。吹雪の寒さをしのぐ手編みの帽子とマフラーで包まれた大川小学校の母子碑です。胸が痛かったです。ただただだご冥福を祈りながら…JUNKO-
120208_131537.jpg
posted by wahahanokai at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年02月06日

平成23年後半の活動報告と平成24年活動予定

平成23年後半の活動報告
平成23年11月16日〜17日
東日本大震災発生後の傾聴ボランティア
(仙台・七ガ浜に、輪母の会、実行委員、会員、計6人参加)
傾聴ボランティアの他に、お汁粉の炊出し、物品販売等。

平成24年の活動予定
@虐待児救済活動に向けて。
A4月8日池上本門寺「花まつり」に参加
 「大切な人に4月8日に花を」プロジェクト参加
B被災地支援活動


posted by wahahanokai at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年01月19日

風邪流行

帰宅後のうがい、手洗い大事です。病気の子供をかかえて、働くお母さんは、保育園に預かってもらえず大変です。
posted by wahahanokai at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年12月07日

おすすめの本

いろんなお経があって、それを繙く本を読んでも、内容ちんぷんかんぷん、という方に。法華経とは、どんなことを伝えているのか?を、時には、サイモン&ガーファンクルやモーツァルト、物理学の話などを織り込んで、わかりやすく、語りかけてくれる本です。このような感じで、さまざまなお経だけでなく、さまざまな宗教について、語りかけてくれる本が、あったら面白いのに。『目からウロコの法華経講話』水書坊
posted by wahahanokai at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年10月17日

芸術の秋








長かった夏が過ぎ、やっと秋らしくなってきました。

節電で我慢した分、本当に待ち遠しかったですよね。

 

池上は10月11、12、13日とお会式で30万人の人出がありました。

ちょうど十三夜を過ぎ満月、十六夜と実にお月様がきれいで

秋の夜長、たっぷり楽しませてもらいました。

陰暦8月15日は芋名月

陰暦9月13日は栗名月

十六夜をすぎ、立待ち月、居待ち月、寝待ち月・・・

部屋の明かりを落とし、虫の声を聞きながら、月を愛でるのは心が落ち着きます。

 

輪母の会でも芸術の秋にちなんで、11月3日池上実相寺でチェロの演奏会を致します。

東日本震災被災支援チャリティーコンサートで世界的チェリストの鈴木秀美さんに

ご協力をお願い致しました。

今回は

J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲の2,4,6番です。

特に6番は5弦のチェロで演奏されます。

他ではなかなか聞くことが出来ないチェロです。

ご興味のある方は是非、お出かけ下さい。

 
posted by wahahanokai at 15:13| Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2011年10月03日

かかし祭り

10月に入り、秋を急に感じるようになりました。
皆様、お変わりありませんか?
10月1日と2日、地元で、かかし祭りが、開かれました。
なぜ、東京で、かかし祭り?と思われるかもしれませんが、もう、37年も続いている、年中行事なのです。
2008年には、東京商店街グランプリで、最優秀賞を獲得したそうです!
昨年までは、午後から夜に行われていましたが、今年は、社会情勢や、節電を考慮して、11時〜16時に、開かれました。
学校、学童、保育園、個人、商店が出品した、かかしのコンクールも賑やかで、優勝のかかしには、お米が賞品に渡されます。
最近は、お米の産地でも、かかしを余りみなくなったようですが、私の町内では、毎年かかしを沢山見る事ができます。
お祭りの屋台やゲーム等も、業者の人が入らないで、全部町内会の方々の手作りです。
山形県の舟形町が、37年前から協賛しているので、山形名物の芋煮や玉こんにゃく等もあって、郷土色豊かな屋台もあり、物産展も開かれました。
余興も、盛り沢山で、日曜日の、オープニングは高校のブラスバンドで、賑やかでした。
今年は、東日本大震災復興応援と言うことで、お祭りの屋台、出店の売上げの一部を被災地に寄付する事になっています。
普段は、静かな商店街ですが、人が沢山集まって、活気に溢れた風景が、見られるのは、良い事です。M
posted by wahahanokai at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年09月19日

敬老の日

お祝いされてもいい側にいるのですが、92歳の父と、104歳の大叔母が元気にしているので、いまだにお祝いする側におります。二人とも、自分の子供達の老後のことが心配なようです。心配してくれる親が健在で、嬉しく思っております。M.I.
posted by wahahanokai at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年09月11日

半年が過ぎて








あいも変わらず新聞で虐待関連のニュースが続いています。痛ましい限りです。

英国から始まった「ホームスタート」のボランティア活動の話を新聞で知りました。

「乳幼児がいるのに孤立してストレスを高めている母親」を対象に、研修を受けた

子育て経験のあるボランティア(ホームビジター)が週1回約2時間、家庭訪問をして

母親と火事やいくじをともにしながら、話に耳を傾ける、というものです。

保育サービスではないので子どもを預かったり、家事代行はしないのですが

数ヶ月傾聴を続けていると、ほとんどの母親のストレスが軽減されてくるといいます。

現時日本では24の団体が助成金とNPOの資金で運営しながらホームスタートを

展開しているそうです。地道な積み重ねが大切なのですね。

一人一人ができることから、周りを見回して見ましょう。

F.F.

 
posted by wahahanokai at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年08月20日

no-title

パソコンに電池が…!
連日の猛暑で、と言うわけではないだろうがパソコンがピタッと動かなくなった。ただでさえ、機械は苦手。思い出しては機動を試みるのではあるが、画面に横文字が並んで、何のことやらサッパリワカラナイ。
どうしてこの手の機械は、横文字が多いのだろうとため息つきながら、電源をおとす。
その繰り返しをしていても先に進まず、専門家にみていただいた。
すると、ようするに電池切れ。
最近の機械はカセットを取り替えてすむようであるが、私のはやや昔。よって機械に電池が内臓され取り替え不加能ということである。要するに、寿命ということらしい。
毎日使っている訳でもないのに、無いと不便なものだ。
パソコンに電池が…なんて始めで知った。
posted by wahahanokai at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

no-title

某新聞に秋葉原で甘酒が自動販売機で売られているという記事が載っていた。
おでん缶に次ぐヒット商品だそうだ。
甘酒といえば冬の飲み物と思いがちだが、本来は夏に飲まれていたという。
「甘酒」俳句の季語では「夏」である。
8月19日は語呂合わせで、「俳句の日」だそうだ。
句を読むなどとは程遠い生活を送っている筆者である。
そういえば、七夕、精霊流しは秋の季語

連日の猛暑
秋が待ち遠しい。k
posted by wahahanokai at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他